RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 LINK
 BlogPeople
 

* ソラノイロ *

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
・・・
この台風の風が全てを洗い流してくれるといいのに。
私のこの負の欲望も、
夫の悩みも。
マメッチョの喘息も。
チロの抜け毛も。
もう全てを洗い流してきれいに去ってくれるといい。

いけないものはいつかどこかで流れ出す。

私は浅い眠りでそれを自覚して、
人の力を借りようと四苦八苦して
泣きながら詫びるしかない。
自分でどうしようもない何かから逃げ出すことに詫びるしかない。
いつどこで誰に詫びるのかは、
私も分らない。
でも本能のままに行うしかなくて、
人に迫られて詫びるのであれば、それは毒しかならない。
| ・・・ | 23:18 | comments(0) | - |
・・・
また夏が巡ってくる。
引き出しの奥底に閉まっていた思い。
もうそのまま朽ちていくのだと思っていたのに・・・
新たな思い出を入れてくれた。
私は彼を好きだったことを誇れる。
過去にあなたに恋したことが喜ばしい。
また夏が巡ってくる。
私は少しでもきれいでいようと足掻き、
夏を迎える準備にいそしむ。
たった一目でも彼に美しく見えるように。
思い出を汚さないように、汚されないように
細心の注意を払う。
| ・・・ | 14:14 | comments(0) | - |
・・・
世界は何層にも分かれているんだと思う。

交わったり反発しあったりしているけれども、
いつでもその層は超える事が出来るのに
超えることは稀にしかしない。
| ・・・ | 16:08 | comments(0) | - |
・・・
暖かい部屋。
冬の贅沢で、幸せなひと時。

布団にもぐるのもいい。
毛布がじんわり暖かくなる。

冬の雨も
静かな夜に聞くと切ない。

眠れない夜は
静かに布団の中で考え事。
| ・・・ | 00:32 | comments(0) | - |
・・・
秋の中。
一人佇む。
いつの間にか金木犀の香りは消えていて、
今年も銀木犀の香りを嗅ぐのを逃してしまった。

ひざの上の暖かい感触に救われる。
まだ私のやるべきことは一杯ある。
| ・・・ | 22:14 | comments(0) | - |
・・・
私の古い思い出を今でもあなたは持ってくれている。
タンスの奥に。
ヒッソリと。
私でさえ忘れかけていた存在を。
そのタンスの奥のものを見かけては
たまには私のことを思い出してくれていたりしたのかな。
もう、あれから10年以上の歳月が流れているのに。
そんなあなたを好きになってよかった。
本当に良かった。
今でもあなたを好きだったことに後悔しないでいられる。
そして今もまた新しい思い出をくれる。
| ・・・ | 22:20 | comments(0) | - |
日常
深く悩むこともない日常。
思春期の時分はなぜあんなに物事を難しく考えていたのか。
今でも難しいのは人間関係くらいか。
主婦となればそれも遠のく。
日常的であって日常的でない毎日。
| ・・・ | 12:43 | comments(0) | - |
・・・
みんなみんな同じ時間を生きているんだ。
| ・・・ | 17:59 | comments(0) | - |
・・・
押しつぶされない
自由に
あるがままで
| ・・・ | 16:31 | comments(0) | - |
・・・
遠くからくる風
想像もつかないような遠くから
目に見えなくても
感じることが出来なくても
風が吹いて雲が流れる
| ・・・ | 00:20 | comments(0) | - |

   
 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
 PROFILE
script*KT*
TUNA.BE
 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OTHERS