RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 RECOMMEND
 LINK
 BlogPeople
 

* ソラノイロ *

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
女英語教師
高校生のころ、服装検査というものがあって、
スカートの裾の長さとか、
爪の長さとかの検査。
今から思うと、多少どうというものではないのか・・・
と思うけれども、風紀の乱れは身だしなみから・・・
というわけでそんなものがあった。

私は特別におしゃれさんでもなんでもなかったのだけど、
たまたまその服装検査のときに爪を少し伸ばしてた。
別にマニキュアを塗るとかそういうのでもなく、
単に少し爪を伸ばして形を整えてみたいなぁという
好奇心から伸ばしてた。
当然先生の目に留まり、爪切りを手渡された。
正直せっかく伸ばしたのにいやだなぁと思ってた。
気持ちは切らされた爪にも現れていて、
あまり短くは切れなかった。
再び検査の先生が、
もうちょっと短く切りなおしなさい
といわれたところに、
そう仲良くもおしゃれでもなかった英語の女の先生に、
あまりきったら深爪になるんですよ、
などとフォローされて免罪になったことがある。
女の子のちょっとした心を汲み取って言ってくれた言葉だと思うと
いまさらながらにお礼を言いたい。
本当にうれしかったって。
| 思い出 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
通学路
小学生のころ、
通学路が長くて長くて、
手が冷たくて、霜焼けができて、
そんな毎年の冬。
ある日ハンドクリームを塗って感動したことがあった。
こんなに効き目のあるものがあるのだと思って。

長い長い通学路。
小学生にしては本当に遠い道のりだった。
他所の家の夕食の匂いをかぎながら家に向かって歩いてた。
他所の家の明かりを見ながら家に向かって歩いてた。
自分の家が見えるとすごく安心した。
思わず走り出して家に駆け込んでしまうほどに。
| 思い出 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
祖母
たまに祖母のことを思い出す。
4年少し前に亡くなった祖母。
私はとびきりのおばあちゃん子だった。

亡くなった当初は思い出すのもつらくて・・・
少し思い出しては泣くという繰り返し。
今は楽しかったころのことを思い返せる。
たまに涙が出てくることもあるけれど。

祖母とは旅行によく行っていた。
四国は祖母の故郷だったのでしょっちゅう行っていたし、
北海道、山形、隠岐の島。
あちこちに連れて行ってもらった。

思い返したら楽しいことばかり。
祖母に会いたい。
会いたいなぁ。

| 思い出 | 18:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
留まる
少し前のこと・・・
そう言っても、私がまだ20才ぐらいのとき。
私の父は、海外に単身赴任してた。
熱帯の国に。
マレーシアに。しかもボルネオ島。
機械の使い方の指導に行ってた。
確か3年ほど行っていたように思う。
そのときに母と二人で
父のいるところまで遊びに行ったことがある。
今から思えば英語もできないような二人が、
乗換えやら何やらで、ややこしいのによく行ったなぁとは思うんだけど。
父のいたところは、本当に日本人のまったくいないような田舎で、
少し飛行機で飛べばリゾート地があったけれど、
そのリゾート地でさえ当時とてもマイナーな場所だった。
父と合流してから、
父も何日間か休暇をとって3人でリゾート地に行った。
そこでオプショナルツアーであちこち行ったんだけども、
その時ガイドの人が日本人墓地に連れて行ってくれた。
そのときは何も思わなかった。
今になって思い返すと、
あんなに気候の違う国の、空も太陽もまったく違うようなところで
亡くなった方がいる。
そして、ずっとずっとそこに留まっているのかと思うと、
少し胸の奥がキューとなった。
秋になって、少し感傷的になっているんだろうか・・・
| 思い出 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
懐かしい
昔好きだった給食はハヤシライスだったなぁー
とか思いつつ、今日の夕食はブヤシライス。
(牛肉の代わりに豚肉を入れたもの。)
| 思い出 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
鳥取砂丘
鳥取砂丘に行きたい。
私の記憶の中にはそこはなくって、
ただ、小さなころに両親兄弟と行ったと言う
事実を告げる写真だけが存在する。
写真の中の私は、父に見守られながらも、
短パン姿で波と一生懸命戯れてた。
砂丘を兄に追いつこうと登ってた。
だけど、私の記憶の中にはちっとも残っていなくって。
鳥取砂丘に行きたい。
| 思い出 | 17:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
出会って
もうすぐ夫と出会ってからピッタシ7年。
時の流れって遅いと感じていたけど、
経ってみると意外と早いもの。
これから私達はどんな風になっていくんだろう。
| 思い出 | 00:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
京都一人暮らしの頃
京都に一人暮らしをしていた時に
履いていたちょっと履きのサンダルって
どんなだったろう。
ちっとも思い出せなくて。
今ではすごく昔の事に感じる。
| 思い出 | 18:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

   
 Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
 PROFILE
script*KT*
TUNA.BE
 SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
OTHERS